これからの小規模税理士事務所の集客に対する考え方

顧問先離れ…税理士を乗り換えられる原因の1つがこれ!

 
税理士顧問先離れ
この記事を書いている人 - WRITER -

顧問先の新規獲得に精を出す税理士先生、会計士の先生は多いですが、既存顧問先へのフォローがおざなりになる先生も少なくありません。

「今までお世話になりました。」「友人が税理士になって開業しますので…」なんて言われて、顧問契約を解除された事はありませんか?

雑とは言わないのですが、顧問先に対して税務申告や決算書の作成など、必要最低限の税理士業務しか行っていないんですよね。そういう先生は価格以外の理由で顧問先を解除される可能性があります。

一般的に、顧問契約を結んでから社長さんとの関係性が2年、3年と付き合いが長くなってくると、ついつい顧問先へのフォローが雑になってしまうものです。

例えば、私がよくあると考えている事例がコレ。

中間納税の金額や支払い期限日を顧問先に伝えていなかったというケース

税理士先生にしてみれば、中間納税をその時期に支払うのは当たり前ですし、「昨年度の数字からしてだいたいこれくらいの金額だというのは社長さんも把握しているだろう…」と考えるかもしれませんが、それは税理士先生の勝手な憶測にすぎません。

社長さんの中には中間納税の存在すら頭にない社長さんだっているんです!

例えば中間納税がかなりの金額の納税になり、「この金額を今週の〇〇日までに支払う事になります。」なんて税理士先生から突然言われても、社長さんにとってみれば寝耳に水なわけです。

だから毎年毎年、社長さんが分かっていたとしても、ちゃんと数か月も前から中間納税などの支払いに関してリマインドをしておかないといけません。

税理士先生にとっての当たり前は社長さんにとっての当たり前ではないからです!

仮に会社のキャッシュフローが悪くて支払えないような場合でも、中間申告をしたり、分割にしたりして乗り切れるかもしれません。

しかし、乗り切れたとしても中間納税の伝え忘れはかなり高い確率で顧問先の社長さんは苛ついていると思いますし、キャッシュフローが潤沢で支払い金額自体に問題は無かったとしても、税理士先生に対しては「大きな額の支払いがあるなら先に言えよな!」と内心は思っている事でしょう。

それまでの関係性があるから顧問契約を解約されないものの、こういう失態が続けば顧問契約を解消されるのも時間の問題です。

これらはすべて、顧問先へのホスピタリティーが足りていない事が原因でしょう。

顧問契約を結んで数年もすれば、顧客フォローが本当にいい加減になっている税理士先生は多いので、一度見直してみると良いと思います。

その際にも、メルマガなどで顧問先へ1通メールを配信しておくだけでも、顧問先の社長さんからしてみれば中間申告の存在を思い出せる事になるので有難いものです。

新規顧問先を1件獲得しても、1件顧問先が減ってしまったら、意味がありませんからね!?

新規顧問先の営業も大切かもしれませんが、顧問先も大事にしてあげて下さい。顧問先への厚いフォローが、紹介につながる可能性だってあるのですから。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 税理士事務所集客研究所 , 2019 All Rights Reserved.