これからの小規模税理士事務所の集客に対する考え方

kindle出版方法マニュアル※税理士先生はこれで出版して下さい。

 
kindle出版方法
この記事を書いている人 - WRITER -

税理士先生が新規顧問先集客や売上拡大を実現するには、差別化やブランディングが欠かせないというのを私はずっと主張させて頂いているのですが、そのためには「出版」が欠かせません。

しかし、こちらの記事でも書いた通り、仮に出版社と人脈があって見事企画が通ったとしても、出版をするのは最低でも300万円以上かかる事から、1人事務所の税理士先生や余裕のない税理士事務所の所長先生にとってはあまり現実的ではありません。

そこでおすすめしたい手法がkindle書籍の出版です。

kindleはもちろん税理士先生もご存知だとは思いますが電子書籍の事です。では、一体なぜkindle書籍の出版がいいのかは下記のページを参考にして下さい。

ブランディングとして出版したい税理士先生はいますか?

税理士先生はkindle書籍の出版、一人でできますか?

しかし、「kindle書籍の出版がおすすめです」と言われたところで、実際問題ほとんどの税理士先生は一体どうやって電子書籍を出版したら良いのかが分からないと思います。

「職員さんにやらせる?」

インターネットで調べても様々な方法が出てくるし、なんだか複雑でややこしそうですよね?調べてもよく分からず、結局ギブアップする職員さんも多いでしょう。

しかし、非常に簡単で誰でも出版できてしまう方法が実はあるんです!

それにはある無料サービスを使います。

もちろん多少の手続きは必要ですが、原稿を執筆する時間を省けば、kindle書籍の出版手続き自体は1時間もあればできてしまいます。

ですが、みんなそれを知りません…

それが問題なのです。

みんな知らないしkindle出版の方法が複雑なのをいいことに、世の中には“kindle出版コンサルタント”や“kindle出版プロデューサー”のような人達が出てくるわけですし、kindle出版を専門に行う業者も存在します。

彼らに丸投げでkindle出版を依頼すると1冊につき50万円~100万円ほどを請求されてしまいます。

しかしこれはさすがにボッタくりでしょう。

そこで私が税理士先生に向けて、kindle書籍を一から出版するためのオリジナルのマニュアルを作成しました。税理士先生は是非これで出版してブランディング下さい。

ちなみに私の方法を使えば、Amazonの書籍の各ジャンルで売上ランキング1位も普通に取れてしまいます。

「アマゾン〇〇ランキング1位獲得!!」という実績は、実は簡単に作れてしまうんですよ?

でもそれが取れれば、税理士先生もブランディングに拍車がかけられますよね!

ブランディングにはkindle書籍が効果的です!

誤解を恐れずに言うと、税理士先生はみんなやっている仕事はたいして変わらないので、顧客から選ばれるためには本当にブランディングは重要です。

ブランディング方法はいくつかありますが、最もてっとり早いのがkindle出版なのです。

今は紙の書籍を読まずにkindleばかりだという人も増えましたし、何よりもアマゾンで販売されるわけですから、巨大なマーケットがそこにあります。

ですからまだ出版していない税理士先生はいますぐ出版するようにして下さい。

「本なんて書けない?」

書けないなら書けないで、例えば要点をインタビューして貰って、それを外注ライターに書いて貰うなど、方法はいくらでもあります。

できない理由を探すのではなく、できる方法を探してやっていきましょう。

税理士先生にとって最も確実で現実的な方法を紹介していますので、詳細は下記の無料ビデオ講座の中から確認して下さい。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 税理士事務所集客研究所 , 2019 All Rights Reserved.