これからの小規模税理士事務所の集客に対する考え方

ブランディングとして出版したい税理士先生はいますか?

 
税理士ブランディング出版
この記事を書いている人 - WRITER -

士業の先生やコンサルタントは実績や結果こそが重要ですけど、そこに至るまでの過程で見込み客に「凄い人」だという事を認知して貰うためにも、ブランディングが必要です。

最近では税理士先生もますますご自身のブランディングの事を考える必要が出てきました。

なぜなら、これだけ税理士間の競争が激しくなった今では、差別化しないと生き残れないからです。

そこで税理士先生のブランディング戦略の1つとして、「書籍を出版する」という手法があります。

本を出している人というのは、一般的にはそれだけで「凄い」と認識して貰いやすいですもんね。

本を出している税理士先生Aと、本を出していない税理士先生Bがいるとして、社長さんが価格は同じという条件で2人の税理士を比較しているとしたら、なんとなく安心できそうだという事で、出版しているA先生が選ばれる可能性は高いでしょう。

自費出版には最低でも300万円かかる!所長先生はそこに投資しないで下さい!

しかし、誰もがそう簡単に出版できるものではありません。

著名人でもない限りは出版社の方からオファーが来る事はないでしょうから、自ら出版社に企画書を持ち込んだりしないといけませんが、そこから突破できる人はまずいないでしょう。

出版社の担当者との人脈がある人でさえも、その担当者にまずは企画書を見て貰い、さらにそのうえで、その企画書が出版社内の他の上司達の目にもとめて貰う必要があるのです。

はっきり言って、ここまで上がる出版企画なんてかなりの低確率です。

だから、みんな高額なお金を出して自費出版をするわけです。

しかし自費出版もこれまたハードルが高く、最低でも300万円、高くて1000万円かかります。

これは、出版したぶんの書籍を自分で全部買い取らないといけないという意味もあってこれだけ高額になるのですが、要するに出版しようと思ったら高いお金がいるのです。

しかも、出版した書籍は何もしないと売れませんからね?

私も関与している企業でこれまでに4冊の書籍の出版に参画しましたけど、どの書籍も、出版してからかなりの広告費をかけています。

新聞広告、WEB広告、本屋のドア広告、電車広告など、まあお金がかかるんです。

しかも、その広告費用は出版社持ちかと思ったら、自社で出す場合もあれば、出版社と折半で出すケースもあるんです。その出版社がかなり気合いを入れている書籍でもない限りは、広告費用をたくさん出してくれるなんて事はありません。

つまり、そこまでやってようやく書籍が売れるようになるんです。

会計事務所と同じですね。

開業しただけではお客さんが来ないのと一緒で、出版しただけではお客さんに書籍は売れないのです。

出版すれば書籍が勝手に書店に積まれて売れていくと思っている人は多いかもしれませんが、普通はそんな事はありません。書店でも、出版社の営業マンや著者が懸命に営業をしなければ良い場所には置いて貰えません。

自分達で大量に書籍を購入してアマゾンランキングを操作すれば良いのでは?と考える人もいるでしょうけど、実は2年程前にはアマゾンも対策をしてきて、もうその手法も通用しなくなりました。

要するに、書籍を出版して、そしてなおかつその書籍が相当数売れるというところまでを考えると、もうかなりの確率で何の戦略も資金もない人では不可能だという事なのです。

税理士先生が本を出す目的はあくまでもブランディングです。(あとはリスト取りやファン作りも)

そう考えると、もっと効率的な手法が今はあるんです。

電子書籍のkindle出版で税理士先生も十分ブランディングできます!

今は、紙の書籍じゃなくて電子書籍のkindle出版の方が断然おすすめです。

たいしたお金をかけずに出版できますし、Amazonで販売できますから、そこから購入もして貰えます。

昨今ではわざわざ紙の書籍を購入せずに全てkindleだという人も増えていますから、kindle書籍でも十分幅広い層にリーチできるのです。

書籍の表紙もしっかりと作り込んでデザインすれば、名刺にそれを掲載したら紙の書籍かkindle書籍かは分からないでしょう。だから、税理士先生がブランディングするにはkindle出版で十分なのです。

kindle出版の方が紙の出版よりもリスト取りには向いていますから、リスト取りの目的も頭に入れているなら、断然kindle出版をおすすめします。

kindle出版は少しだけ煩雑な作業を行わないといけないのですが、慣れてしまえば簡単です。まあ、書籍は執筆しないといけませんけどね!

でも、紙の書籍とは違ってあまり長すぎても良くないという特徴がkindleにはあるので、2万文字もなくてOKです。そう考えると、数日あれば書き終える事ができますよね?

私も既に3冊のkindle出版をしましたので、要領さえつかんでしまえば簡単です。

これからは税理士先生も出版しない理由はありません。

下記の無料ビデオではそのあたりにも触れていますので、ブランディングをしたい税理士先生はご覧ください。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 税理士事務所集客研究所 , 2019 All Rights Reserved.